≪まずは警察へ届け出る≫

●事故に遭ったら、まず警察に電話しましょう。
大した事故でないので、という自己判断はしないようにしましょう。
●警察への届出を怠ると、保険会社に保険金を請求する際に必要となる「交通事故証明書」が発行されません。
●加害者には届出の義務がありますが、加害者が届出をしないことや、なかには加害者が警察に届けないように言ってきても簡単に応じてはいけません。
●警察への届出をしないと保険請求手続きに必要な交通事故証明書が発行されませんので注意が必要です。
●その場合には被害者からも届け出る事が必要です。
(特に怪我を負った場合は「人身扱い」の届け出が重要です。)

※万が一警察に届けないよう言われても拒絶すべきです。
※その際届け出警察署と担当の名前はメモしておきましょう。

    ≪相手(加害者)と加害車両の情報を収集≫

加害者の氏名・住所・自宅と携帯の電話番号・車の登録ナンバー、自賠責保険(共済)、証明書番号、他にも勤務先や雇主の住所、氏名、連絡先を(※業務中であれば、運転者だけでなく雇主も賠償責任を負う事があります)しっかりと確認しましょう。
●可能であれば、携帯で免許証と車検証の写真を
とっておいてください。
※たとえ相手が誠実そうに見えても、時間の経過と共に、話の内容が変わることはよくあることなのです。

     ≪事故現場で損害賠償の話し合いはしない

◎示談書作成、念書なども書かないようにしましょう!!

●交通事故示談交渉は、治療が完了して交通事故にかかった費用全体がはっきりしてから行うように!!
●金額の書かれた書類に署名捺印する前に必ず交通事故の専門家に相談するとより良いでしょう!
 

●金額の書かれた書類に、簡単に署名捺印してしまうと取り返しのつかない損をしてしまう場合があります。
◎例えば、交通事故の後遺症が認定されなくなってしまう場合や、交通事故の損害賠償が十分になされない場合がでてきますのでご注意下さい。

          ≪事故状況の記録

●事故のショックも加わり、事故当時の記憶はどんどん薄れる事があります。

●必ず事故現場の見取り図や事故の経過、痕跡、ブレーキ痕、壊れた自動車などの部品等、加害車両、被害車両の写真などの記録を残しておきましょう。
●データとして賠償交渉終了時まで残しておけば安心です。
●できれば目撃者の名前と連絡先は聞いておきましょう。
※後日争いになった際の証拠にもなります。

     ≪自分の保険会社に事故の連絡をします

●自分が乗っていた車の加入している保険会社に交通事故にあった事を連絡して下さい。
●搭乗者傷害保険を掛けている場合、請求することが出来ます。
※搭乗者傷害保険は等級に影響しない事故の1つ。

等級を下げることなく保険料を受け取ることができるので絶対請求しましょう。

    ≪外傷がなくてもまずは病院を受診しましょう≫

●救急車で運ばれるようなケガなら当然ですが、後日診察を受ける場合でも人身事故の取り扱いにしていないと治療費などの支払いが受けられなくなります。
●事故直後は興奮しているため症状が出ない方がいますが、必ず当日~3日以内に受診して下さい。

●例えその日は何の症状が出なくても、後日何らかの症状が現れることは往々にしてあります。

※軽微な事故に見えても、体の一部分に異常が出たなどという事はよくありますし、自己判断で体に異常がないと伝えると保険会社からすぐに示談を迫られる場合も過去にはございす。

            ◆要注意◆

示談後に、症状が出て来たので通院したいと保険会社に言っても「示談してからでは通院・慰謝料等の意見は聞き入れて貰えなく」泣き寝入りする事になるのでその前にご相談下さい。

      ≪必ず精密な検査を受けましょう≫

●交通事故直後は、興奮状態から痛みを感じなかったり、実は骨折していたケースもありますのでまずはしっかりと検査を!!
●また、事故後数日して痛みが出たりすることもあります。

◎念のために受診した検査費用も、原則的に自賠責保険から費用がでますので安心して下さい。

 

※領収書など交通事故関係の書類はなくさないように大切に保管して下さい。